KATO TOMIX マイクロエース GM 他  Nゲージ 16番ゲージなど鉄道模型の通信販売サイトです   鉄道模型 専門店 美美模型

鉄道模型 美美模型
KATO 鉄道模型 美美模型top
国鉄 キハ81系「くろしお」
<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

国鉄 キハ81系「くろしお」
昭和35年(1960)に、非電化区間のホープとして誕生したディーゼル特急キハ81系は、翌年に誕生したキハ82系と共に国鉄特急のネットワークを構築し、旅客輸送の近代化に大きく貢献しました。
登場時の上野―青森間の「はつかり」での活躍後、電化などに追われて、「つばさ」「いなほ」「ひたち」と転属し、昭和47年(1972)から紀勢本線の特急「くろしお」として活躍しましたが、昭和53年(1978)9月新宮-和歌山間の電化完成により、その役目を381系へと譲り、引退となりました。
KATOは、武骨な野武士のような容姿から「ブルドック」の愛称で親しまれ、最後まで鉄道ファンに愛されたキハ81系「くろしお」を的確に再現いたします。
KATO資料より転載
製品の特徴
●  昭和53年(1978)キハ81の最後の活躍は、名古屋―天王寺間を直通で結ぶ下り「くろしお5号」上り「くろしお2号」で、紀伊半島をぐるり名古屋-天王寺間の493.1kmを、8時間24分かけて10両編成で運転されていました。他の「くろしお」は、白浜で8〜10号車(増結編成)を増解結し、新宮まで基本の7両編成という運用が多く見られ、新婚旅行先として当時人気のあった南紀地方へ向かうため、グリーン車が2両連結され食堂車も営業されていました。
●  ブルドックと呼ばれた特徴ある前面スタイルのキハ81を、「はつかり」とは違う最期の姿でリアルに再現。・キハ81前頭部はカプラーカバーを外し、連結器が剥き出しとなった末期の形態。
  ・運転席屋根上には乗務員用のクーラーを搭載。
  ・常磐線の「ひたち」運用時に取り付けられた、常磐無線アンテナの設備跡を再現。中間連結部はボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形標準装備。
●  「くろしお」で運用されていた、グリーン車キロ80が2連で組成された編成を再現。
●  フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、スムーズな走行性を実現。
●  前面愛称表示は「くろしお」を装備。
●  側面サボはシールで付属、天王寺-白浜・新宮・名古屋の3区間を設定。
●  基本・増結セット共に、7両タイプブックケース入。
オプションパーツ
●  LED室内灯 クリア 品番:11-211 \756
●  LED室内灯 クリア(6両分入) 品番:11-212 \3,780
<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

名古屋車輌区のキハ81系「くろしお」
名古屋車輌区のキハ81系「くろしお」.1973.03.16.14
キハ81系「はつかり」:尾久付近
キハ81系「はつかり」:尾久付近. 1967.07.04.18.


<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>




戻る