KATO TOMIX マイクロエース GM 他  Nゲージ 16番ゲージなど鉄道模型の通信販売サイトです
鉄道模型 専門店 美美模型

鉄道模型 美美模型
KATO 鉄道模型 美美模型top
営団地下鉄丸の内線500・300形
<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

営団地下鉄丸の内線500・300形

JRと並んで東京の通勤輸送には欠かせない都市交通の要「東京メトロ」は、平成16年(2004)に帝都高速度交通営団(通称:営団地下鉄)から民営化されて発足しました。
その営団地下鉄が、昭和29年(1954)に戦後最初の地下鉄路線として開業させたのが丸ノ内線で、真っ赤な車体に白帯と銀の波形装飾だけではなく、様々な新しい技術を採用した高性能な車両が300形です。
晩年は300形と500形は混用されて編成を組み、平成8年(1996)に後進の02系に道を譲り姿を消しました。
KATOは、昭和37年(1962)、池袋~荻窪間、中野坂上~方南町間の開業以来半世紀、丸ノ内線全線開通50周年を記念して、ついに営団の車両が登場します。
KATO資料より転載
品番 品名 本体価格
10-1109 営団地下鉄丸の内線500・300形6輌セット ¥16,000
製品の特徴
●  初期の地下鉄特有の狭小トンネルに合わせた小断面の車体、第三軌条による集電でパンタグラフのないフラットな屋根、直線的なデザインで、機能的なスタイルを再現
●  一世を風靡した全長18mのコンパクトな真っ赤な車体に、サインカーブ(白帯と銀の波形装飾)の帯をまとった懐かしいデザインを的確に再現
●  営団地下鉄時代を代表する、全盛期の丸ノ内線500・300形を製品化。昭和60年代の姿を再現
●  屋根の肩にあるルーバー(500形)や、2段屋根(300形)など、模型として上から見る機会が多い屋根上の特徴を的確に表現
●  製造時期が違う300形と500形。300形は両運転台、500形は片運転台の車体で2形式混結編成の妙が楽しめます
●  先頭車はヘッド/テールライトと前面行先表示が点灯。先頭車に行先表示「池袋」を標準装備、交換用に「荻窪」が付属
●  中間車運転台部分のヘッド/テールライト・前面行先表示は非点灯
●  前面行先表示両横の標識灯は、300形があり、500形がなしのスタイルを作り分け
●  定評あるフライホイール搭載動力ユニットを採用
●  中間連結部には、ボディマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。実感的な連結面とスムーズな走行を実現
●  KATOカプラー伸縮密連形標準装備。急曲線もスムーズに通過
●  地下鉄車両には欠かせない室内灯は、明るさにムラの無い点灯を実現した、LED室内灯 クリア対応。
●  フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、スムーズな走行性を実現
●  6両タイプブックケース入
オプションパーツ
●  LED室内灯 クリア 品番:11-211 \756
●  LED室内灯 クリア (6両分入) 品番:11-212 \3,780
<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>


営団500形:四谷駅. 1964.03.28..05.
営団500・300形:お茶の水
営団500・300形:お茶の水. 1966.04.02.11.

<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

戻る