KATO TOMIX マイクロエース GM 他  Nゲージ 16番ゲージなど鉄道模型の通信販売サイトです
鉄道模型 専門店 美美模型

鉄道模型 美美模型
KATO 鉄道模型 美美模型top
キハ181系初期形
<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

キハ181系特急用気動車 初期形
キハ181系は、非電化区間で活躍していたキハ82系を基本とし、さらに勾配線区に対応するべく大出力エンジンを搭載して昭和43年(1968)にデビュー。電化前の奥羽本線、中央西線、伯備線、土讃線など連続勾配のある線区に投入され、より快適な特急網を築きました。丸みのあるキハ82系に対して角張ったデザイン・塗装は、活躍線区と併せて山男的な印象を与えています。
KATOは、無骨な表情の前面や中間車屋上のラジエーターなど特徴的なキハ181系を国鉄時代の仕様で、国鉄末期に続いて、製造直後の初期形を製品化いたします。
KATO資料より転載
品番 品名 本体価格
10-1117 キハ181系 初期形7輌セット ¥17,700
<6087> キハ180 初期形 ¥1,500
<6083-5> キハ181 初期形 ¥3,000
製品の特徴
●  北海道と九州を除いた全国の幹線・亜幹線の花形特急列車として長期にわたり活躍を続けました。
●  セットと単品の組み合わせにより、多種多様な編成に対応可能
●  特徴的な屋上のラジエーターなど屋上機器をリアルに再現
●  キハ181系の前面形状をはじめとする美しいプロポーションを忠実に再現
●  動力車(キハ180-M-)に、フライホイール搭載動力ユニットを採用
●  レッドとクリームに塗り分けられた181系気動車の塗色を美しく再現
●  先頭部・中間部共に(N)KATOカプラー伸縮密着自連形(ボディマウント)を標準装備。先頭車が中間に入る編成も可能。
 
●  キハ181系 初期形の特徴
  ・プロトタイプは、昭和44製造開始直後で、台車は軸箱支持にリンクを併用した改造前のDT36Bを装備。
  ・所属を名古屋第1機関区とし、タブレットキャッチャー、トイレタンクの無い登場当初の形態を再現。
●  付属部品
  ・交換式トレインマーク(すべて文字)
  セット:「しなの」、付属:「つばさ、あおば、おき、やくも」
  単品キハ181初期形:「しなの」
  ・行先表示シールは、セット、単品とも付属し、上記5種のサボ、方向幕等を収録
●  キハ181系 初期形 7両セット
  キハ181+キハ180+キハ180(M)+キサシ180+キロ180+キハ180+キハ181
  単品:・キハ181・キハ180
オプションパーツ
●  LED室内灯 クリア 品番:11-211 ¥720
●  LED室内灯 クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
●  LED室内灯 クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720
●  LED室内灯 クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214 ¥3,600

<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>


キハ181系「しなの」:名古屋駅
キハ181系「しなの」:名古屋駅. 1969(S44).11.08.01

<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>


戻る