KATO TOMIX マイクロエース GM 他  Nゲージ 16番ゲージなど鉄道模型の通信販売サイトです   鉄道模型 専門店 美美模型

鉄道模型 美美模型
KATO 鉄道模型 美美模型top

<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

タイトル
写真
寝台特急「さくら」は、20系ブルートレインとして昭和34年(1961)に登場しました。「走るホテル」と呼ばれた20系寝台客車から、分割併合に適した分散電源方式の14系寝台客車へと昭和47年(1972)に置き換えられ、「さくら」「みずほ」「あさかぜ」などの列車に使用されて活躍しました。平成6年(1994)12月のダイヤ改正では、JR九州の長崎運転所へと配置換えとなった7両同一の長崎/佐世保編成が、長崎→東京→佐世保→東京→長崎と5日で一巡する運用で活躍しました。長崎本線の肥前山口駅で、長崎駅・佐世保駅着発の各編成が分割併合される風景が、平成11年(1999)に、「さくら」は佐世保発着編成が廃止されて長崎編成と「はやぶさ」との併結運転となるまで見られました。
オハネ14 700番台の4人用個室B寝台(カルテット)や、食堂車オシ14の食堂営業休止による売店化(長崎編成、佐世保編成は非営業)など、時代に対応した客室設備の活用が図られています。
KATO資料より転載
品番 品名 本体価格
10-1233 14系寝台特急「さくら」JR仕様 長崎編成7輌セット \14,000
10-1234 14系寝台特急「さくら」JR仕様 佐世保編成7輌セット \14,000
編成表
製品の特徴
●  14系寝台特急〈さくら〉JR仕様
  ・14系寝台特急「さくら」のJR仕様が登場。平成8年(1996)頃のJR九州編成(長崎運転所所属)を再現。
  ・カルテット(4人個室)のオハネ14 700番台を含む7両編成を、長崎編成、佐世保編成で、車番と側面行先表示を作り分けて製品化。
  ・国鉄時代との違いとして、室内は2段寝台化改造後(B寝台車)を再現
  ・オハネ・スハネフの★★★表記、車体側面のJRマーク、客扉部の白線なしなどの「さくら」を再現。
  ・オハネ14 700 カルテット は、外観が同一のオハネ14の表記違い。客扉上部の★★★★マークや車番を、新たに印刷済み。
  ・側面行先表示は、長崎編成が「特急さくら 長崎行」、佐世保編成が「特急さくら 佐世保行」で、号車番号サボも印刷済。
  ・スハネフ14のトレインマーク変換装置は、「さくら」「みずほ」「出雲」(いずれもイラスト)を設定。
  ・両セットとも、機関車EF66用のヘッドマーク 「さくら」「みずほ」が付属。
  ・編成端となるスハネフ14には、アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラーが付属。さらに、編成端を引き締める交換用ジャンパ栓と、編成連結時により実感的となる前面ホロが付属。
  ・編成の中間連結部には、ボディーマウント式密自連カプラー装備。実感的な連結面間を実現。
  ・パッケージは、どちらも7両ブックケース入。
オプションパーツ
●  LED室内灯 クリア 品番:11-211 ¥720
●  LED室内灯 クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
●  LED室内灯 クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720
●  LED室内灯 クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214 ¥3,600