KATO TOMIX マイクロエース GM 他  Nゲージ 16番ゲージなど鉄道模型の通信販売サイトです   鉄道模型 専門店 美美模型

鉄道模型 美美模型
KATO 鉄道模型 美美模型top
EF64-1032 (双頭連結器付)
<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>

EF64-1032 (双頭連結器付)
EF641030(双頭連結器付)+24系「トワイライト」
EF641030 (双頭連結器付)+24系「トワイライト」:原宿.2005.08.29.123
山岳線向けとして開発されたEF64形電気機関車。そのなかで1000番台のグループは、昭和55年(1980)から増備が始まったEF64の新しい区分で、オリジナルのEF64とは大きく異なった車体が特徴です。
JR東日本の長岡車両センターに所属するEF64 1032号機は、装備する連結器が、客車/貨車と連結する自動連結器(通称:並連)と、電車と連結する密着式連結器(通称:密連)の両方を兼ね備え、相手によって連結器先端を回転させて選択できる「双頭式連結器」を装備しています。寝台特急「あけぼの」の上野-長岡間の牽引で活躍すると共に、新製・廃車などの電車を牽引する配給列車でも活躍しています。その独特で機能性に富んだスカート周りを見所に、現代に活躍するEF64 1032をお楽しみください。
KATO資料より転載 2013.04..
製品の特徴
●  精悍な車体、重厚な台車まわりや屋根上を的確に模型化
●  運転席屋根上には後期搭載工事後の角形クーラーを装備(JR貨物新更新色)
●  室内がシースルーの運転台
●  フライホイール搭載動力ユニット採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮
●  車体表記を印刷でリアルに再現
●  黒色車輪採用。
●  ヘッドライト 点灯
●  1032号機(双頭連結器付)の特徴
  ・JR東日本長岡車両センター所属のEF64 1032号機をプロトタイプに製品化
  ・双頭連結器装備に伴い、復心装置、KE100ジャンパ栓、スカート切欠きなど、スカート周りに施行された改造を的確に再現
  ・EF64 1031号機(#3023-4)とは、サイズが大きく・貼付位置(片側のみ)の違うJRマークを的確に再現。
  ・ナンバープレートは1032。メーカーズプレートは川崎重工/富士電機を、印刷済み。前回製品の1031号機と差別化。
  ・クイックヘッドマーク「あけぼの」「北陸」を付属
  ・ジャンパ栓2種、屋根上機器、前面手すりパーツが付属
  ・出荷時は片側が双頭連結器、もう一方は客車にあわせてアーノルドカプラー装備。交換用にそれぞれのカプラーを各1個付属。

<ご注文は前ページの在庫欄を確認してお願いします。>






戻る